読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

345

f:id:arigatouojisan:20170126123158j:plain

皆さんは思い通りに生きるのには飽きてきたのね、
もう疲れ果てた。本当に思い通りに生きても、
本当に幸せじゃないんですよね。自分の思い通りに

生きるということは、人を自分の奴隷にすることなんですね。
人の自由を縛ってしまう、奪ってしまうことですよね。
その分、必ずはね返って自分を縛り、自分を不幸にしてしまうでしょう。

 だから、思い通りに生きて「幸せ」
っていうのは無いんですね。ちょっとその時は思い通りに
なって「よかったな」という自己満足ね。でも、

それは幸せでもなんでもないですね。
本当の幸せから見ると、本当はマイナスなんです、
それ全部ね。みんな借金を積み重ねただけなのね

「借りをつくっただけ」という。

 世の中でも、権力を握ってみんなを奴隷のように
扱った人ってあるでしょう。権力者ってみんな地獄に
落ちるのは何故かというと、大勢の人の自由を

縛ったからよね。自分一人のために、
自分の思い通りにしたいということのために、
大勢の人を奴隷のように扱って、人の自由を奪ってしまったのね。

その結果、自分もみんなから自由を奪われるんですよ、
そしたら必ず地獄へ行くのは当たり前なのよ。
みんなの自由を奪った結果は、自分も奪われるの、
自由をね。

 だから、思い通りになったらいけないですよ、
本当は。思い通りならないほうがいいんですね。
だから、「思い通りに生きよう」というのを

止めて「感謝に生きよう」とする人は、
もうこれで安心なのね。守護霊さんも一安心ですね。
「ありがとうございます」の練習をはじめた途端に、

不思議なことが連続して起きる人がありますよね。
守護霊さんがご褒美をくださるのね
「おお、ようここまできたな」という感じですね。

 自分の努力で何もしてないのに不思議なことが起こるんですね。
起こらない人もあるんですよ、偶には。そういう人は、
まだ守護霊さんがちょっと厳しく見守ってくれてるね

「あっ、こいつは素質がある」とみて
「甘やかさなくても大丈夫」と思ってるのね。

広告を非表示にする