ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

307

f:id:arigatouojisan:20170124224657j:plain

「悟りを開く、本心を開発する」というのは、
みんな無駄な抵抗を止めたらいいのよ。
神様に素直になればいいだけね「ありがとうございます」ってね。

 素直になれる方法ね、一番やさしい方法ですね
「ありがとうございます」って、感謝行の練習をするのね。
もうこれだけで自然に素直になって、謙虚になって、

いつの間にか気づきが増えて悟ってしまったという。
でも、慌てないほうがいいですよ
「この一生で」というぐらいのほうが、

そういう気持ちのほうがいいね。「あと何年で悟ろう」というと、
また求める心を起こしだすのよね。求めると放せなくなるね。
だから、のんびりと無心の感謝行が一番早いのね。

 悟りたい?

 本心開発したい?

 でも、それがね、また縛りになるのよね。

 「一番最後でいい」と思うほうがいいね。
一番最後に悟らせてもらうというような感じね。
みんなを先に渡そうというような気持ちね。

みんなが先に悟るほうがいいと思ったほうがいいでしょう。
気楽よねぇ。「自分は一番最後でいいから」ってね
「慌てない、慌てない」って。でも、そういう人が先に悟ってしまうのよね。

みんなから先に「悟りなさい」って譲ってくれるのね。
やはりこれも心の働きがその通りになってるのね、
心の通りに運命が決まるのね。また言葉の通りに

運命が決まってしまうね。

 みんなを先に彼岸に渡そう、みんなを悟らせようという
「悟らせよう」という言葉はそのままその心になって、

それがそっくり自分に返ってくるのね。だから、
まわりのみんなが自分を悟らせようとしてくれるのよ、

一番に悟ってしまうのね。ここにも与える心を
生きるとみんなから与えられて極楽世界に住めるのよ。

 だから、与えるほど出すほど得するのよね。

 息でも吐くほどいいのね。呼吸って本当に大事なのね。
丹田呼吸という言葉があるのね。

 この吐くときに細く長く静かにす~~っと吐くときにね、
この吐くときに神様の助けが間髪を入れずにずーっと

入り続けるのね。普通は吸ったときに入ると思うでしょう、
逆よ。呼吸は吐くときに神様の光が入ってくる。

 神様の方はもう与えたくてたまらんのでしょう、
ちょっと吐いたらちょっと入るのよ。もう間髪を入れないのね。

吐くのにつれてずーっと入ってくるのね。だから、
丹田呼吸は吐くときに意識をしっかりと神様に向けて
感謝行をするのよね。そうすると神様の光をいっぱい浴びられるのね。

吸うときも入ってるのだけどね、それは後の残りカスよ。
だから、吐くときが一番いいのよね、
神様の助けがサッと入ってきてるから。

広告を非表示にする