読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

303

f:id:arigatouojisan:20170124224455j:plain

一番いいのが「ありがとうございます」を心に唱えることなんですね。
この言葉を唱えると神様がスッと呼ばれて入ってきて、

その過去の縛りを全部スッと消すんですね。
そしたら自由になるでしょう、そうすると縛られてない自分が
スッと出てくるんです。神様と一体の新しい自分が

スッと現われるんですね。そうすると、
「あっ、こういう言葉の縛りにあってて馬鹿だったな」
というのに気づくんですね。

 この「ありがとうございます」という言葉は不思議なんですね。
この宇宙の大神様がスッと自分の中に入ってくるんですね。

そうすると新しい自分になるんです、直ぐにね。
古い自分は残ってるんですけどね、新しい自分が

スッと出てくるんですね。新しい自分が古い自分を眺めて、
「ああ、こういうのは必要ない」と分かるんですね。

 心の中を眺めても、「感謝の心」と「思いの心」
が大きく分けると二つあるんですね。

 「思いの心」は、過去の古いものなんですね、
みんな過去の記憶なんですよ。古い自分は神様のことは

何もわからない、正しい感じ方はできないんですね。
迷うばっかしなんですね、いろんな言葉の縛りに合うだけでね。

でも「ありがとうございます」を唱えることによって、
神様がスッと入ってきた時に、新しい自分がスッと出てくるんです、

新しい自分に戻れるんですね。その時にいろんな理解が、
気づきが増えるんですね「ああ、そうだった」というのに気づくんですね。

 この「ありがとうございます」という言葉がないと
大変なんですね。気づきが遅いの、理解が浅くなってしまう。

他のいい言葉もたくさんあるんですけどね、それぞれの段階の役割としての
働きはあるんですけど、どうしても力が弱いんです。

 でも「ありがとうございます」を唱えられた人は、
自分で体験されると思うんですけどね。心が自由になってる

はずなんですね、そして気づきがどんどん増えてるはずですね。
幸せな感じが中から湧いてくるんですね。

 これは、神様から新たに受けた自分は元々幸せだし、
自由だし、安らいでるんですね、問題は何もないんです。
でも、ちょっとはまた過去に戻るんですよね。古いものを掴む癖がある。

 

広告を非表示にする