ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

157

f:id:arigatouojisan:20170122184547j:plain

本当に「謙虚」というのは、一旦ぜんぶ消しきるのね
「みんな消えて無くなったら」という気持ちになると、
そうしたら新たに受け直せるよね。新たに受け直したものは

みんな無限の価値があるね、みんなね。みんな神様の愛の姿よね。
ありがたいばっかしになってくるでしょう。

 だから、一瞬一瞬新たに受け直すこの感謝の練習は、
過去を消しきる働きよね。そして神様から本当に

愛の姿を新たに受け直してるでしょう。この感謝の練習だけが
幸せを大きく深くするのね「新たに新たに」というのが大事ね。

 でも、なかなかみんな「ありがとうございます」
にたどり着けないのよ。簡単なようだけど、

最後の総仕上げだから、なかなかたどり着けんの。
でも、一旦たどり着いたら、あと心配ないね。

あとは感謝が無限に深くなっていくだけね。
幸せが無限に無限に大きくなって気づくだけよね。

 これも時期がこないとわからないよね。
時期がくるというのがすごいことでしょう。

これも神様の大きい助けで時期がくるのよね。
時期がきて「ありがとうございます」に触れるのも、
神様の大きい助けで触れるのよね。

 先ず神様が中に入って「ありがとうございます」
を唱えてくれるのね、自分が唱えてるんじゃないよ。

神様が助けに入って唱えてくれてるよね。だからいつも神様と一緒よね。

 最初から最後までそうなんだけどね。
でも「ありがとうございます」と唱え始めた時に初めて気づくのね。

「ああ、いつも神様と一緒なんだ」というふうに気づかせてもらうのよね。

 だから「ありがとうございます」というこの言霊の
働きって凄いね、凄い力があるのね。

広告を非表示にする