ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

39

f:id:arigatouojisan:20170121084823j:plain

神さまの方は一所懸命先ず大きいマイナスを
消そうとするね「早く消してあげよう」

としてくるね。だからこの世にいろんなマイナス、
七難八苦が出てくるのがそうよ、そういう意味よね。

「先ずマイナスから消してあげよう」と言うのね。
それも確認をとらないと勝手には消せないからというのでね、

ちょっとだけ出てくるね。マイナスを
ちょっとだけ表面に出してくるね。

本当の氷山の一角、もっと小さいよ、
ほんのちょっと出るぐらいにして、

それで「マイナスの言葉を今消しますよ」
とサインを送ってくるね。

それがこの世のマイナスよね。
 その時に「あっ、消してくださってありがとうございます」

と言うのがいいよ。文句言うと消してもらえない。
消してもらったら困るというような

生き方になるのね、文句を言うとね。
 「ありがとうございます」と言うと

「消してあげたて喜んでくれるのかな」
というわけね、神さまの方は。

だから、何があってもマイナスが出てくる度に、
「大きいマイナスを、これも無限に大きい

マイナスをこんなに軽くして消してくださった」
というふうに受けると楽よね。すると

マイナスが出てくる度に喜べるでしょう。
本当に深い感謝になってくるね。そしたら

マイナスがマイナスでないのね。
神さまの大きいプラスの愛の働きを自分が

受けたことになるね。大きい無限の幸せを
感じたことになるのね。
 
 本当の幸せというのは、
いつもご馳走ばかり食べて満腹状態じゃないよ。

どんなご馳走を食べても満腹になったら
もう嫌になってくるじゃない。

 呼吸も同じでしょう
「あっ、美味しい空気、いっぱい吸った」って、

吸うばっかしだと苦しくなるじゃない。
そうじゃないね、一回吐き出さないと駄目よね、

お腹を空かせないとね。どんなご馳走を食べる時も
お腹をいっぱい空かせておくの。お腹を空っぽにしておくと、

美味しいご馳走がさらに美味しくなるじゃない。
 空気もぜんぶ吐き出して深呼吸すると

「ああ、空気って美味しいな」ってなるのね。
「幸せ」というのはそういうものよね。

広告を非表示にする