ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

25

f:id:arigatouojisan:20170121042539j:plain

ありがとうございますは一番奥に一点集中です。
全部開けてしまうような感じで

すべての次元を通過する生き方になるんです。
だから順番に一点集中で昇っていくのもいいんだけど

それは普通のやり方です・・時間がもの
すごくかかりますね。でも一番奥へ光源へ

神様へ心を一点集中して高い次元へ
上がっていくというのは一番やさしい方法です。

光の柱が立つという感じの昇り方になります。
すべての次元の扉を開けていくんです。

でも一点集中というのはやっぱり必要なんです。
その一点集中をありがとうございますに

向けるのがいいんです。同じありがとうございますと
いうのでもいろんなことを思いながら

ありがとうございますと言うのと
ありがとうございますだけに一点集中して

一心不乱に唱えるのと大きい違いが出てくるんです。
 だから時間を限ってただ一分だけという

一点集中をするんです。一日中と言うと
ちょっと気持が分散しますし、大変だなと

思って最初から諦めたりしますね。
でも一分間だけと決めると呼吸を止めてでも

出来るんです。この一分間の一点集中の
ありがとうございますがもの凄い力になるんです。

それでまた一分間とやればいいんです。そうすると
過去も掴まなくなります。これだけしてきたという

感覚じゃないんです。一分間だったけど命がけで
お祈りが出来たという感覚が出てくる、

それでまた過去を掴まないからまた新たに命がけで
お祈りするという感覚になってきます。あまり短いと

ちょっと難しいです、一秒とかいうと
自分の気持がまだそこまで入らないから。

 だから一分間くらいの単位ですると
一日にそれを繰り返すとお祈りはぐーんと

深まっていくんです。だから単に唱えると
いうのが一点集中の修行として

本当は必要なんです。トイレに入ったら
一生懸命唱えられる・・何もすることないものね。

心が分散しないでしょう、だからお祈りもしやすいです。
そういう一点集中のお祈りのしやすい場というのを、

時というのを持つのがいいですね

広告を非表示にする