ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

95

f:id:arigatouojisan:20170121092112j:plain

この「ありがとうございます」は、本当は
「天岩戸開き(あまのいわとひらき)の言葉」なのよ。

天照大御神様を引っ張り出しているのね。
「世界維新」の世直しの言葉なのね。

「天岩戸開き」というとなんか大層に思うでしょう。
そんな事ないよね、一言「ありがとうございます」なのよ。

これが天照大御神様を引っ張り出しているのね。
明遍照の無限に無限に輝いた世界を現わすのね。

極楽世界を即、現わすのね。一回地獄へ降りてみて
「ありがとうございます」を唱えると良く解るのね。

もう極端に変化するからね、一言で極楽世界になるから、
地獄がね。真っ暗闇が即、無限の輝きの世界に変化するのね。

凄い力よ「ありがとうございます」ってね。
一回地獄へ降りて試して見る?あっははは。

暗い所で試さないとねえ、わかり難いもんね。

だから、幸せな人は、あまりこの言葉に効果が無いと言う。
なんか困った事があると効果が出てくるじゃない。

この言葉を試す意味では、ちょっと苦労をしている人の方が
良いのよ。神さまがいろいろ実験させてくれるわけね。

至れりつくせりよね。だから、いろんな人が苦労して、
そして「ありがとうございます」を唱えて、

いろんな問題を解決していくでしょう。
これは全部、自分の体験として受けた方が良いね。

人の体験と思わずに、自分の代わりに体験して
「ありがとうございます」の言葉の素晴らしさを、

自分の代わりに体験して教えてくれているんだというふうにね。
そうすると確信が深まるでしょう。

「ありがとうございます」の一言に全てがあるのね、
神さまの全てがあるのよね。

神さまの「こころ」の全部が
「ありがとうございます」の中に含まれてるのよ。

広告を非表示にする