読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

347

f:id:arigatouojisan:20170126123257j:plain

感謝を忘れると逆になるんですよね。逆の生き方をしてしまうね。
だから、感謝を忘れて生きた期間の
長い人ほど七難八苦でいっぱいでしょう。

 でも、七難八苦は神様が感謝を思い出させるために
与えてくるのね。空気をいっぱい吸って呼吸を止めたら、
酸欠で苦しくなるでしょう。みんな一所懸命頑張ってるのね

「吐くまい、吐くまい」と思ってね。益々苦しくなるね。
どうしても苦しくなったら吐き出すでしょう。だから、
吐き出すときにやっと救われるんですよね。全部放すときにね。

 だから、求める心をしっかり生きているとき、
思い通りにしようと思うときは駄目なんですね。
まだ限界まできてないね、七難八苦がどんどん大きくなるんですけどね。

でも、七難八苦がいっぱいになったときにはじめて、
苦しくなって全部放せるね「もう、
どうでもいい」という感じになるはずなんです。

 一回、死んだ気持ちになったら全部放せますよね、
何でもね。もう全てがそうですね、全部放せたときから、
また新しいものが神さまのほうからスッと入ってくるね。

 幸せになる道って難しくないんです、本当はね。
不幸になる道が難しいんですよ。呼吸を止めるから。
自然な姿を止めてしまってる、自然な流れを止めてしまってるのね。

「ありがとうございます」さえあったら鬼に金棒じゃないですかね、
もう。もう絶対不幸になりようがないという生き方なのね。
 いろんなプラスの言葉、マイナスの言葉全部に

「ありがとうございます」を加えたら生きてくる。
言葉に命が吹き込まれるんですね。だから、
できるだけ活用してくださいね「ありがとうございます」

という言葉をね。今の時代だから大きい力をもらえるのね。

広告を非表示にする