読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

346

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123226j:plain

丁度、呼吸と同じで、普通、空気は無限にあるように思うでしょう。
でも感謝しないですね、忘れてるんですね、
呼吸をしながら忘れてるでしょう。

 でも、神さまって宇宙いっぱいなんですね、
感謝を忘れたら感じないですよ、神さまをね。
でも、感謝し始めたら神さまを思い出すし感じ始めるのね。

神さまを感じたときから幸せが甦るんですよね。

 それも呼吸と同じなんで、吸ったら吐かないといけないですね。
吸って吐く「吐く」というのは「恩返しの心を起こす」

ということよね。「吸う」というのは、
求める心を起こしやすいですよね。求めるばっかしだと
吸うばっかしでしょう、一杯になったら入らないの、

吸おうと思っても入らないですよね、
苦しいばっかしになるね。
 だから、思いの心の求める心は、

本当はそれを邪魔するんですね、吸うばっかしになるから、
吸を止めてしまうのね。感謝して受けても、
求める心だとあと吸えなくなるね。そこで必要なのが

「恩返しの心」ね。吸ったものを吐き出すことよね。

 吸ったときは酸素がいっぱいで新鮮な空気ですけど、
吐き出すときは酸素がなくなって炭酸ガスで汚れてるんですけど。
 でもね、恩返しの心で受けたものを周りに

与えるというのがいいんですね。そうすると、
また神さまのほうから新しいものをスッと受けられるでしょう。
呼吸のように「ありがとうございます」

と受けて、恩返しの心を起こして
「ありがとうございます」と与えるのね。
それさえできたらいつも神さまを感じ取って、

みんなが極楽世界に住める状態になっていくんですよね。

広告を非表示にする