読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

338

f:id:arigatouojisan:20170126122752j:plain

 

最高の新しいものを受け直す、これが「全託」です。
だから、「ありがとうございます」というのは、

「全託行ね」。今迄に受けたもの全部お返しして、
新たに最高のものを受け直している。その練習をしているのす。

ただ中身は一足飛びには最高まで行かないから、
段々と置き換えしてもらうのね。「ありがとうございます」

を繰り返している内に、掴んでいるものを離しやすくなるし、
どんどんどんどん消してもらって、過去に囚われない自分に必ずなってくる。

それで新しい良いものを、たくさん受けられるように、感じられるようになってくると、
自然に離すしかなくなってくるのです。新しいものの方がいいのよね。

それも常に、無限の無限の輝きとして、新しい宇宙がどんどんどんどん生まれてくる、
心太(ところてん)式に押し出されて来ているのです。

それを受けない方が本当はおかしいのね。実際は、太陽の無限億万倍の大光体が、
もの凄いスピードで押し寄せてくるようなものよね。

この世の太陽より、もっともっと大きい幸せの塊が、
どんどんどんどん神様の方から降り注いできてるのですよ。

「早くそれを受け取れる自分になる」というのが大事なのね。
それが「ありがとうございます」を繰り返して唱えている内に、

受けられる自分になるのです。それも「早く受けたい」
と思わんでもいいの、自然に変えてもらえるからね。

「ありがとうございます」って唱えていたら、神さんが全部してくれる。
これはもう、自力じゃないし、他力じゃないし、

「神様の絶対力」の働きなので、自分がどういう状態でも関係ないのです。
「ありがとうございます」を唱えたら、助けが受られる。

広告を非表示にする