ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

309

f:id:arigatouojisan:20170124224750j:plain

「真の感謝」というのは、思いを叶えるためじゃないんです。
思いの全てを捨てきって感謝に入るんですね。
そうすると、神さまの全てを受けて、

真の感謝に入っていくんですよね。でも、
どちらが楽かというのはね、思い通りに生きたら苦しいですよ。
それは皆さんね、嫌というほど体験しているはずなんですよ。

特にここに来られる方は、もうそういう時期に
なっているはずなんですよね。思い通りに

生きて幸せになるとは、皆さんはもう全然思って
ないはずなんですね。如何にその思いを消そうか、

消していただこうかという、こういう気持ちで

感謝に入っていらっしゃるよね。

もう感謝一筋に絞り込めばいいんですね、
後は何も要らないんです。

 だから「真の感謝」というのは、

感謝一筋に絞り込むという、
そういう一面もあるんですね。もう、

ぜんぶ他のことも忘れたほうがいいんです。
「ありがとうございますだけでいい」というぐらいにね。

 でも、賢い人はまだまだ勉強をするんですよね「
あれもこれも」って勉強をしたがるんですけど。でも、

阿保(あほ)になったほうがいいみたいですね、

みんな忘れてしまって、みんな忘れて忘れてね、
阿保になりきって、「もう、

ありがとうございますしか私は覚えておりません」
って。そのぐらいがいいみたいですよね。

広告を非表示にする