読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

298

f:id:arigatouojisan:20170124224239j:plain

私も「ありがとうございます」という言葉を、
小さい時から唱え続けてか らもう何億回にもなっているのですけれど、
「ありがとうございます」っ て、

最初はやはりこの世的な幸せを願って唱えているのです。それで、
病気が治ったら「ありがとうございます」でしょう。この世的なものが

いっぱい生まれて必要なものを与えられて「ありがとうございます」ですね。
でも、それはものすごい浅い段階なのです。


 段々と奥へ奥へ心が向いていき、「ありがとうございます」の心になっ た時は
もう無条件で「ありがとうございます」なのです。「幸せ一杯」とい う感覚が

出てくるのです。だから、病気でも「ありがとうございます」と、
「幸せ一杯」なのです。貧乏でも「ありがとうございます」でいいのです。

どんな問題を持ってきても「ありがとうございます」になるのです。
ただもう感謝だけで幸せで一杯なのです。心はもう幸せになって行く。

 「ありがとうございます」と、唱えているうちに、その自分はもう、

肉体の自分でも魂の自分でもないのですね、
「感謝の自分」になっているのです。

その自分がどんどん「ありがとうございます」と感謝し続けているうちに、
段々と神様の光を感じてくる。神様から放射されてる光と輝きを

感じるようになってくる。
最初はちょっとした小さい輝きを感じるだけなの ですが、

「幸せ一杯・素晴らしいもの一杯・美しいものばかし」と感じる。
それが限りなく段々と大きい光体と輝きを感じるようになってくる。

 それは丁度太陽の輝きのような感じで、それを大きく感じるようになっ
てくる。そして「みんな光り輝いている・みんな無限に輝いている」というように、

それがありとあらゆる神様の働きの全部が複雑に入り組んだ状態で、
無限に無限に輝いている状態に感じられてくるのです

広告を非表示にする