ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

290

f:id:arigatouojisan:20170124223814j:plain


本心の心は、祈り心です。本心の心は、常に常に、祈っているのです。

本心の心は、新たに新たに、祈り続けているのです。本心の心は、
祈ることによって、神さまの全徳の無限の無限の輝きを表現してゆくのです。

祈りによって、神さまの御心を顕現するのです。祈りこそが、神さまの御心をこの世へ現す
、絶大なる力なのです。本心の自分は、祈りに始まって祈りに終わるのです。

祈り一筋に生きるのみです。祈るだけです。
ただただ祈るだけなのです。祈りによって心を調律し、その心を投影して、

現実世界に神さまの御心を現すのです。現実世界は、心の通りに
・運命のままに、自然に移り変わるのみです。

 

正しい生き方とは、『与える』生き方です。間違った生き方とは、

「求める」生き方です。『与える』生き方は、心に徳(貯金・プラス)を積み重ね、
感謝・幸せ・喜び・安らぎで一杯になるのです。「求める」生き方は、

心に業想念(借金・マイナス)を積み重ねて、不平不満不足の心に陥り、
七難八苦で一杯になるのです。

 正しい信仰とは、神さまと自分との関係を、常に一対一の状態に置くことです。

神さま以外の何物をも、見ざる・聞かざる・言わざるの行に
徹することです。自分の他には神さましか存在しないのである、という心の状態になることが、

正しい信仰の根本です。その為には神さまのことだけを、
思い続け・思い詰めることが必要です。心を尽くし・思いを尽くし・精神を尽くし

・力を尽くして、内なる神さまを愛するのです。即ち先ず自分の心の奥に
神さまを見出すのです。そして内なる神さまを褒め讃え、

謙虚な心で感謝し、いつも無限の無限の幸せで一杯ですと喜ぶのです。
神さま以外のことに心を奪われ、神さまのことを忘れているようでは、

未だ一歩も、正しい信仰に足を踏み入れていないのです。人は二人の主に
仕えることはできないのです。神さまが与えようとしている、全

徳の無限の無限の輝きを感受する為には、自分の生命をも神さまに
捧げ尽くそうとする、真摯な心の姿勢が必要なのです。 

広告を非表示にする