ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

201

f:id:arigatouojisan:20170122190538j:plain

普段、何気なく使う言葉が、また何気なく聞く言葉、
見る言葉、全部心に入ってくるんですね。

「記憶してない」というのは、思い出せないだけなんですよ。
みんな入ってるんです、ちょっと聞いた言葉、

ちょっと見た事、全部心に入ってるんですね。
普通、心の状態というのは無防備の状態で全部入るんですね。

多分、催眠術をかけたりして思いださせたら全部思い出すはずなの。
それぐらいスーッと心に入りやすいんですね。 

だから、どういう言葉を自分の心に入れたいのか、
これを自分で定めないと、決めないといけないと思うんですね。

だから、プラスへプラスへ心を向けて、
そして神さまの輝きをいっぱい感じたいというのだったら、

プラスの言葉だけをしつこくですよ、
しつこく使わないといけない。そして、

マイナスの言葉をできるだけ心に入れないように
「見ざる、言わざる、聞かざる」ぐらいの生き方が

いいと思うんですね。

 そうすると、しばらくたったら直ぐに変化が
わかるはずなんです、体験できると思いますね。

特に「ありがとうございます」を一日に五万遍ぐらい三ヶ月も唱えたら、
ガラッと世界が変わってしまうのね。

光り輝く世界が感じられるはずなの。でも、
そこまで普通はしないですね。 新聞も読み、

テレビも観て、ラジオも聞いてという、
そうするとやっぱりマイナスの言葉も沢山ありますよね。

プラスとマイナスの言葉をゴッチャに使ってる間は、
心の向きが定まらないですね。 

神さまのほうへ向いたり、また逆に背を向けて
マイナスに向いたりってね、忙しいですけどね。

忙しい時は駄目なんですよね。どちらかへ
徹底するというのが、
やっぱり必要だと思うんです。

広告を非表示にする