ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

200

f:id:arigatouojisan:20170122190506j:plain

『求める心』で 『ありがとうございます』と唱えるのと、
『無心の心』 『与える心』で『ありがとうございます』

と唱えるのとでは、その効果に大きな違いが有るのです。
その理由は、波長の合うものしか受け取れない、という原理に
因るのです。求める心というのは、マイナスを

掴んでいるのです。心の状態がマイナスなのです。
求める心を前面に出せば、マイナスの心でマイナスの番組を
選ぶ事になるのです。求める心が少なくなれば、

『ありがとうございます』が前面に出て来るので、
プラスの番組を選び、受け取る事ができるのです。
人の自由意志は、どの心を前面に出すかによって、

明確に示す事ができるのです。

 人は『言葉』と『心』と『行い』によって、
『番組』の波長合わせをしているのです。『マイナスの言葉』は、
『マイナスの番組』に波長が合うのです。 『プラスの言葉』は、

『プラスの番組』に波長が合うのです。 『求める心』は、
『マイナスの番組』に波長が合うのです。 『与える心』は、
『プラスの番組』に波長が合うのです。 『マイナスの行い』は、

『マイナスの番組』に波長が合うのです。 『プラスの行い』は、
『プラスの番組』に波長が合うのです。人は自分の自由意志で選んだ番組を、
自分の運命として受けているのです。

 本当に神さまの助けを必要としているのであれば、
神さまの側に・助ける側に立つのが最善なのです。
そうすれば波長がぴったりと合うのです。

神さまのどんな助けも受けられるのです。
『ありがとうございます』と唱える事は、
神さまを呼んで、神さまの働きと一つになる事なのです。

神さまの側に立つ事なのです。救いに立つ、
与える側に立つというのは、神さまに波長を合わせる意味で、
絶対に必要な事なのです。どんなに泣き叫ぼうとも、

助けを求める心では、神さまの御心に波長が合わないのです。
波長が合わなければ、神さまの助けを受け取ることは
不可能なのです。

広告を非表示にする