ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

196

f:id:arigatouojisan:20170122190325j:plain

自分のまわりに現われた姿、マイナスの姿が
出てくるときもあるでしょう。

でも、そのマイナスに引っかかるという時、
それを「どう受けるか」よね。

思いの心で「ああ、これをなんとかしなければ」じゃ損するのね。
そういう時でも常に感謝の心に戻ること、

先にね。感謝の心に戻ってそれを眺めたら、
プラスにプラスに受けられるね。

まわりの全てのマイナスは、自分のマイナスを
振り替えて身代わりに受けて大きく消してくださってるのね。

「神さまの愛の働き」というふうに受けられるよね。
もう全てのマイナスがそうよ。

 誰かが交通事故にあったって、
「自分の身代わり」と思っただけで大きく助けてもらって

いるってわかるじゃない。泥棒に入られたっていいのよ、
泥棒は悪者じゃないの「自分の大きい借金を

これで棒引きにしてくれた」と思えば別にいいのよね。
強盗もいいの、強盗に入られたって構わんね

「自分の大きいマイナス・業を消してくれた、
取ってくれた」と思えばいいじゃない。

 全てのマイナスはぜんぶ神さまの方から愛の助けとして
現われてる。ただ、みんな持ってるマイナスに気づかないよね、

掴んでるマイナスって気づかないでしょう。
知らん間に掴んでるものがいっぱいあるのね。

 ただ、それを消すのに神さまは人の自由意思を
無視しては消さないね、必ず確認をとって消して

くださるから、ちょっと出しておくのね。
大難を無難には消さないね、大難を小難にして消すの。

より少ない小難にして消そうとするのね。
だからマイナスがあることによって気づくのよね、

だから「その何万倍を消してもらった」と喜べばいいね。
また「その何億倍を消してもらった」と喜ぶ方がいいのね、

そしたらたくさん消してもらったことになるのね。
その上にプラスを積み重ねると、

感謝がグングン大きく深くなるね。
 これも常に感謝の心に戻ったほうがいいね、

思いの心を生きるのじゃ損するね。常に感謝に戻って、
そして神さまを感じ取る、神さまの愛の働きを

感じ取っていくのがやっぱり幸せへの道よね。

広告を非表示にする