ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

192

f:id:arigatouojisan:20170122190147j:plain

「供養」というのでも、いろんな供養の仕方があるのね。

これも供養にも無限の段階があるとみたほうがいいね。

その供養の仕方も段階があるんで、

最高のいい供養の仕方がいいじゃない。
 「供養」というのは「供える」という意味よね、

何を供えるか、どこへ供えるか、誰を対象にってね。
 「迷った人がいてる」と見て、なんか食べ物でも

供えようかというのだったら、それも一つの供養かも知れないけど、
低い段階ね。自分も救われないよね、

そういう世界に自分を置くとね。それは「低い番組」と見
た方がいいよね。

 「高い番組の供養」は、自分の命を神さまに
捧げていくわけよね、自分の大事なものを捧げて、

そして古いものを消してもらって、
新たに神さまから最高のいいものを

与えてもらう、置き換えてもらうのが供養よね。
 だから、別に「何をお供えしなければ」じゃないのね。
本当は神さまの方から与えてもらった最高のものを


お返しするのが大事なのね。自分の命を、
それ以上のものをいうと「ありがとうございます」よね。
 「感謝を神さまに捧げ続ける」という、それが最高の供養になるね。

 例えば、特定の人を相手にして供養をするのでも、
その人を「神さま」と拝んで感謝を捧げると高い供養の仕方よね。

そしたら、高い神さまは自分の持ってるマイナスをぜんぶ
消してくださるよね。自分の命まで捧げる・感謝を捧げることによって、

自分が過去に積んだマイナスをぜんぶ引きくけて消して
くださるね。


そして新しい良いものと、最高のものと置き換えてくださったら、
幸せ一杯にしてくださるよね。
 特定の人、特定の神様を相手にするのでもそうね、


でもそれ以上に高い番組を相手にするのだったら、
宇宙の大神さまを相手にするのね。

自分の全てを神さまに捧げ尽す、感謝の真を
捧げ尽し続けるのよね。そしてその最高のものを

受け続けたらいいのね。これが本当の意味の供養の仕方よね。
 だから、もう感謝一筋でいいのね「ありがとうございます」一言の


感謝一筋で生きてると、全ての供養がその中に含まれてるのね。
 だから、一人の人に心が向いて、
「その人を供養しないと」と一所懸命になったって、


そしたら他の人に対して失礼よ。他の人から「なんで
供養してくれない」と言われるよ。これもぜんぶに
通用する供養がいいのね。全てに通用する供養は

「ありがとうございます」よね。全ての段階の全ての人を
幸せにしてくださるね。そこから幸せをいっぱい与えても
らえるよね

だから、そういう供養の仕方って大事ね。

広告を非表示にする