読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

187

f:id:arigatouojisan:20170122185942j:plain

「命がけの感謝」というのは、
神さまの中に飛び込む事よね。無限の無限の輝きが

無限に無限に一杯!という中へ飛び込めば良いね。
だから、それを二十四時間、四六時中心がけるという、

寝食を忘れて。そのぐらいの気持ちで
一所懸命「ありがとうございます、

ありがとうございます」と言うのね。
それが神さまへ全託して、神さまの中に

飛び込んでという祈りなのね。
あまり難しく考えなくて良いね。余計な思いを出さずに、

神さまの中に飛び込もうという気持ちでね
「ありがとうございます」を唱えたら良いね。

周りは神さまばっかしなのね、本当は飛び込んでるんだけど、
飛び込んでるのに気づかないのね。それで気づくための

「ありがとうございます」なのね。 
「真剣」と言うけど、あまり我武者羅とか、

そういう感じじゃないよね、無我夢中というのじゃなしに、
「神さまを認める」というような感じね。

「周りは神さまだけ、みんな神さまなんだ」というふうな、
確認するような、認めるような「ありがとうございます」よね。

それも神さまの中へ、頂いた命をもう一回お返しして、
また新たに受け直すという感じで良いのね。

そういうのが命懸けのお祈りよね。

広告を非表示にする