読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

185

f:id:arigatouojisan:20170122185859j:plain

この「ありがとうございます」も、ちょっと唱えるだけで
神さまは助太刀に入りやすいんですね。今まではマイナスの言葉を

いっぱい使い続けて、もう心の状態がどうしようもない状態でも、
嘘でもなんでもいいから「ありがとうございます」

を唱えてみると、神さまは助太刀にスッと入るね。そうすると心の状態は
変化するんですね。必ずプラス思考に変化してきますよね。
それで、良いことがいっぱい周りに現れるように神さまは変化を

見せてくるんですね。 普通は、心の状態だけで喜べる人って
少ないですよね。だから、形のほうも変えてくるんです先に、
強制的にでもその時に力を揮えるんでね

「その人がプラスに向きたい」という時はね。

 ただ、その意志表示がどういうふうにするかなんでしょう。
神さまにわかるように意志表示しないとね。

 マイナスの言葉をいっぱい使いながら「助けて」
と言っても駄目なんでしょう。量的にもマイナスが多いでしょう、
そうするとなかなか神さまはどっちにしようかと迷うんですね。 

だから、神さまの助けの入る時は、
プラスの言葉だけに絞り込まないといけないですね、
一瞬でもね。だから、短い時間を限って、

この時間を一所懸命プラスの言葉を使うんですね。
そしたら神さまはわかるんですね、
「この瞬間をプラスの言葉に心を向けている」とわかったら、

瞬間に力を注いでくるね。

 だから、プラスの言葉を使うのでも、
「今日一日プラスの言葉ばっかり使う」というと大変ですよ。
「この一分間」というとできますよね。

「この一分間だけプラスの良い言葉だけを使う」と決めるのね。 
お祈りも同じですね。「ありがとうございますを
この一分間だけ一所懸命唱え続けよう」というふうに決めると、

神さまは心の向きを全部見通しているのね。
「あっ、この一分間一所懸命やるのだったら、

この人の自由意志はプラスに向くな」とわかるんですね。
その時に、この一分間を、神さまは大事に活かして助けに入るのね。

そしていろんな姿をプラスに変化を見せながら気づきを増やして、
心の状態がプラスになるように助け続けていくのね。

広告を非表示にする