ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

165

f:id:arigatouojisan:20170122185039j:plain

この感謝の心っていうのはもの凄い不思議ですよね。特に
「ありがとうございます」っていうこの言葉が不思議で不思議で―― 

わかったと言う人はわかってないんですよ「わからない、
わからない、まだわからない」というのがいいですね。

 まあ、現実にいろんな病気がパッと治ったり、
水がきれいにサッと変化したり、そりゃあ、奇跡的に見えることは、

まあ神様からの手品みたいなものですけど、
一般に見せてくださるのね。でも、こんなのは取るに足らないというね。

本当の「ありがとうございます」の言霊からくる神様の大奇跡というのは、
無限の無限のチャンネルを与え続けることでしょう、

そこの方が大事なんですよね。それを受け取るための言葉がこの
「ありがとうございます」でしょう。今更小さい奇跡を起してもらって

喜んでるようでは駄目なんですよ。本当のプレゼントを
受け取るという方が大事なんですよね。もう既にあるものを受け取る。

 その練習を積み重ねると、もう常に無限の無限の幸せで一杯、
常に無限の無限の安らぎで一杯となるのね。

 でもね、思いの心って時々顔を出すんですよね。
この思いの心と感謝の心の違いが大事なんですね。

 同じ心でも大きく分けると二つに分かれるね。
「本心の心と業想念の心」とか「感謝の心と思いの心」とか
「プラスの心とマイナスの心」とか、いろんなわけ方ができるんですね。

 感謝の心は常に新たに神様の最高のプレゼントを受け取る心ですね、
だから常に無限に無限に輝いている心ね、新しい心ね。

 思いの心は受け損なってる心ね。だから、過去のものにしがみついて
過去だけしか掴んでないという心ね、古い心、汚れてる心ね。

広告を非表示にする