読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

148

f:id:arigatouojisan:20170122184143j:plain

どういう形でもいい んです。まとめて沢山唱えて

「ありがとうございます」でも、一心に閉じこもってするのもいいのです。
また唱えながら何かしてるのもいいし、寝な がらもいい。

なんでもいいんです。 だから、どういう場であっても、
どう いう時でも「ありがとうございます」と唱えるのです。

そうすると、最高の 神様は必要な助けを
そこへ降ろしてくださる。

 この「必要な助け・必要なだけ」というのが大事なのです。

ちょうど、も ぐらが太陽の光をパッと持って
来られたら困りますよね。

もぐらだったら 月明かりぐらいがいいのです。
その光の加減までちゃんとし、必要なものだけを的確に与え、

そして一回でも大きく受けられるようになったら、
またさらに大きいものを与えてくださる。

どんどんどんどん必要なだけ与 えられ、
大きく変化させてくださる。

 だから、「ありがとうございます」のお祈りも、
「お祈り」ってこだわらな い方がいいのです。

もう自然な呼吸ぐらいの感じでいいのです。「ありが とうございます、

ありがとうございます」と。
一瞬一瞬そういうように感謝 を

選び続けさえすれば、
後は必ず良くなるだけなのです。

広告を非表示にする