ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

146

f:id:arigatouojisan:20170122184052j:plain

感謝の心と欲の心とは正反対です、両極に分かれるんです。
感謝というのは神様の心と一つになる心です、神様の心が感謝の心です。

欲という字は谷に欠ける心・・・古い時代はそうですね。
谷というのは宇宙の絶対神の意味です、宇宙の絶対神の心が欠けた状態が欲なんです。

感謝のない状態が欲の心になります。感謝の心は神様の全てを受けているから
満ち足りています。いまさら求める必要がありません。

 必要なもの全部与えられているから、ただ感謝で喜びで満足なんです。

欲のほうはその満ち足りた心がないんですね。ところが心は満ち足りた状態を
知っているから、足りないものを補おうとするんです、そして、

欲の心という求める心が出てくるんです。ただそれをどこへ向けるかなんです、
神様に向けたらそれがスッと満たされるんです。

 だから、欲の心が出る時は、神様の心を忘れてるよという警告みたいなものです。

だから神様のほうへ心を向けなさいよとね、感謝しなさいよねという意味です。
そしたら求めなくて済むわけですね。食べ物でも、食べたいものいっぱい

食べたら幸せかというとそうじゃないですね。そんなのは小さいですね、
食べたときチョッと満足するだけでしょう。

広告を非表示にする