ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

103

f:id:arigatouojisan:20170122144335j:plain

「謙虚」というのでも何が一番謙虚かというと、
マイナスを掴んだ状態は謙虚なんかじやないよね。

マイナスを掴みすぎると「卑下慢」になるね。
「謙虚」というのは、神様をしっかりと受け入れて、

感謝が深くなったときにはじめて「謙虚」になれる。
「無限の無限の輝きが、無限に無限に一杯!」
というぐらいの神様の大きい働きをしっかり受け入れて、

感謝が深くなった状態が一番謙虚ね。もう自然に神様の前に
立たされたときに、ヘリくだれるのね。

 神様はいつも無限の無限の幸せを
みんな一人一人に与えようと一生懸命よね。

天から滝のように幸せが、光が降り注いでるのね。
ところが、それに背を向けた途端に、自分には何も無いのね、

幸せでもなんでもなくなるでしょう。その途端に我が出てくるね、
倣慢になってくるね、卑下慢になってくるね。

 でも、神様から「無限の無限の輝きが一杯!」
という幸せをいっぱい受けたときは、

もうそのまま圧倒されるような感じで
謙虚になるしかないのね。そしたら

喜んで一番下へ降りられるのね。

広告を非表示にする