ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

47

f:id:arigatouojisan:20170121085437j:plain

感謝に生きていたら、もう謙虚になるしかないのよね。
神様から与えられっぱなしでしょう。

万分の一も億分の一も恩返しも何も出来ないからね。
ただ「ありがとうございます」って謙虚に受けるしかないのよね。

そしたらもう自分をよく見せようなんて全く思わないね。
そういう心はもう微塵も出てこないね。

ありがたいばっかしでね。謙虚に受けるしかないっていう感じでね。
もう現実の自分になって、どんだけ良く見せたって

たいした事ないじゃない。つめの先の垢ぐらいのもんじゃない、
本当の自分から見たらね。だから神様から受けたものが

素晴らしい自分よね。現実の姿全部ね、本当はもう神様から
見ると遠い昔の古いものなんよね。本当に神様から

今新たに与えてもらった、もっと奥にある無限に
無限に輝いた姿なのよね。それが年月経って

ズーッと降りてこの世に流れてくるわけよね。
今現れているのはもう遠い昔のものがズーッと流れてきて、

消えつつあるのよね。だから古いものを追いかけても、
たいした事無いのよね、新ものを受ける方が良いからね。

「ありがとうございます」で、奥へ奥へ心を向けて、
輝いた姿をどんどん受けていくのがいいね。

それも新たに新たに受けていくと、
良いもんばっかりになってゆくね。
だから過去は掴まない方がいいよ。

広告を非表示にする