ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

32

f:id:arigatouojisan:20170121084442j:plain

善悪含めて人の自由を縛るのは
縛りなんですよね。感謝というのは、

一人一人の自由な生き方を尊重するのです。
それで「本当の個性のある素晴らしいものが、

自然に中から湧き出てくるように
お手伝いしよう」とするのが感謝なんです。

古い生き方には、型にはめて、
縛ろうというのがあったんです。

これが正いというと、それから外れたものをぜんぶ
そこへ縛って、ここへ持ってこようとするの、

そして「悪い、悪い」って責めるんでしょう。
マイナスに見ることも大きい責め言葉ですよね。

言葉の槍で突き刺すような感じになるんです。
だから人を責め裁く人は、逆に暴力をふるわなくても、

やっぱり言葉の槍で相手を突き刺しているの、
お返しを受ける可能性が大きいですね。


 どんなマイナスの姿でもマイナスに見えても、
「ありがとうございます」で神さんの助けを、

そこへ下ろしてもらうということは、
そこへ無限のプラスをどんと加えてもらうわけ。

そうしたら中から自然に、いい姿になるしかないように、
みんながなればいいし、「ありがとうございます」

って感謝すればいいですね。やっぱり、
マイナスの姿に感謝するんじゃなしに

「無限のプラスを神さまから加えてもらう」
という意味で感謝するのです。

「ありがとうございます」
で無限のプラスを神さまに加えてもらうのね。

広告を非表示にする