ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

18

f:id:arigatouojisan:20170120184849j:plain

感謝一筋に生きようと決意して、「ありがとうございます」と
唱えているうちに、思いの世界から抜け出るのよね。

昔から宗教的な修行は全部そうでしょう。
悟りを求めて生きるのは、三界から抜け出るという事。
三界と言うのは思いの世界よね。思いの世界から抜け出るのが、

三界から抜ける、また輪廻転生から抜け出るという意味ね。
そして、悟りの世界光の世界へ抜け出るわけ。感謝の心を
起こす事によって、思いの世界からスッと抜けるのね。

 

自然の姿に例えると、太陽が神様でそこから来る光の心が感謝の心ね。
空に浮かぶ雲が思いの心よね。思いの心は何処から出るかというと、

地上から水蒸気が上って出てくるでしょう。思いの心って、
執着から生まれるのよね。思いの心は明るい白雲と
真っ黒の黒雲があるじゃない。白雲はまだ良い思い、

黒雲はマイナスの悪い思いなのね。でも雲から抜け出る方法は、
ただ一つ。神様に心を向けて感謝するとスッと光のほうに戻るのね。

なかなか思いの心で生きている間は、思い通りになっている時は、
思いの世界から抜けないよね。ある程度思い通りにならない頭打ちの状態になっ

て初めて

「抜けたい」という願いが出てくる。思いの世界から抜けるのが
一番大事なんです。抜ける方法は、感謝行が一番いいね。
一番やさしくて、一番効果が大きいね。
 

広告を非表示にする