読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

お話358

358

「真の感謝」というのは、感謝一筋に絞り込むという、そういう一面もあるんですね。もう、ぜんぶ他のことも 忘れたほうがいいんです。「ありがとうございますだけでいい」というぐらいにね。 でも、賢い人はまだまだ勉強をするんですよね「あれもこれも」 っ…

357

本当の愛語は「感謝」なんですよ「ありがとうございます」だけ。 「ありがとうございます」が、神さまと一体化する言葉ですよね。「愛」というのは神さまとの一体感の言葉ね。 「愛はすべてと一体」という意味でしょう。一つに合体して合ってるっていう、合…

356

感謝というのは大事よね、もの凄く。大きく心を自由にするために 必要なことなのね。 思い通りに生きようと、 思いに生きるというのは逆ね。小さく小さく掴んで自分を縛っていくのね。 だから、感謝の生き方に切り替えたほうがいいのよね。そのほうが責任の…

355

「思い」が消えたら神さまが入ってくる 丁度、空に雲がかかったら太陽の光はさえぎられて感じないよね。だから、空に浮かぶ雲を全部消しきったら、 いつも太陽が光り輝いてるのがわかってくるのね。 だから、人間の心に思いが消えてしまったら、 神さまの愛…

354

「ありがとうございます」の感謝行は、魂をもの凄いスピードで「浄・清」め尽してしまうね。 「浄・清」めるというのも、消してしまうのね。思いを消していくから、魂的なものがどんどん向上して 輝いてくるでしょう。そのうちに消えてしまうぐらい、魂が消え…

353

感謝も、本当は褒め称えて喜ばないといけないね。褒めて喜ぶというのが、神さまと対面する一つの 感謝のやり方よね。だから、現実の姿にとらわれたら損ね、現実の姿にとらわれるのは思いの心よね。 感謝の心は違うよ、過去を掴まない、 過去を一切掴まないで…

352

気づきが大事ね。気づく心は感謝の心なのね。「ありがとうございます」を唱えるのでも、 先ずお礼の気持ちで唱えるのがいいでしょう、神さまへのお礼ってね。 「七つの確認の祈り」 があるんですけど、あの祈りの本当の目的は確認なんですよね。どれだけ神さ…

351

形の上ではマイナスが出る可能性もあるでしょうね、そのほうがいい時ね。形のマイナスが感謝を深めるのに役立つ時は出ますよね。全部人によって違いますね。 普通ね「ありがとうございます」を唱える目的、これは段階に応じていろいろよね。思い通りにしたい…

350

「ありがとうございます」を心に唱えてたら、思いが消されて神さまの心が自分の心に なって現われてくるんで、神さまの心に沿った生き方がとりやすくなるね。 何が正しいか間違ってるかを判断できるようになるね。だから「ありがとうございます」 を唱え続け…

349

最高の生き方は「みんな神さま」と拝むことね。一人一人を「神さまの現われ、最高の神さまの現われ、みんな無限に輝いている」と拝みあげることね。 現実を掴んで見るんじゃなしに、最高の姿と置き換えるような気持ちがいいよね。 「みんな無限に無限に輝い…

348

何故、感謝を忘れたんでしょうね。不思議と言ったら、これほど不思議はないですね。 元々、神さまから分かれて出てきた自分は 、感謝の心の自分ですよね。感謝の心の自分が感謝を忘れるというのはおかしいですよね、本当はね。本当は忘れてないんでしょうけ…

347

感謝を忘れると逆になるんですよね。逆の生き方をしてしまうね。だから、感謝を忘れて生きた期間の長い人ほど七難八苦でいっぱいでしょう。 でも、七難八苦は神様が感謝を思い出させるために与えてくるのね。空気をいっぱい吸って呼吸を止めたら、酸欠で苦し…

346

丁度、呼吸と同じで、普通、空気は無限にあるように思うでしょう。でも感謝しないですね、忘れてるんですね、呼吸をしながら忘れてるでしょう。 でも、神さまって宇宙いっぱいなんですね、感謝を忘れたら感じないですよ、神さまをね。でも、感謝し始めたら神…

345

皆さんは思い通りに生きるのには飽きてきたのね、もう疲れ果てた。本当に思い通りに生きても、本当に幸せじゃないんですよね。自分の思い通りに 生きるということは、人を自分の奴隷にすることなんですね。人の自由を縛ってしまう、奪ってしまうことですよね…

344

これからはボランティアに生きる人が増えるんじゃないですかね。 「阿保(阿を保つで阿保)の生き方」というのね。みんな阿保の生き方を馬鹿にするけど逆ですよね。 本当のことがわかる人は「与え尽せば幸せ」というのが、よくわかってるでしょう。 「本当の…

343

「与える心と求める心」は交流しないんです「与える心と与える心」は交流し合うでしょう、 そしてスピード化してプラスをいっぱいにしていくんですね。「求める心と与える心」とは、循環が止まるんですね。 そして「求める心と求める心」はね、今度は逆にマ…

342

この感謝の「ありがとうございます」の生き方は、神さまの全てを受け直して天から舞い降りる生き方ね。 同じ菩薩行でも、上から降りてきて働く菩薩行ね、この方が大きい働きなのね、大菩薩の働きよね。 だから、この「ありがとうございます」一言に絞り込ん…

341

これからはネットワーク的に人と人との、本当の波の合う人同士の助け合いが、これからもっともっと大事になるでしょうね。いい人同士のネットワークでつながったら、 その中にいる人はみんな幸せですよね。お互いに必要なものを供給し合い、与え合えるので、…

340

人間って、心にいろんな言葉や思いを溜め込んでしまってますよね。丁度、空に 雲がかかってるように、黒雲がいっぱいという人もあるんですよね。そうすると太陽の光は通ってこないですね。 神さまを太陽に例えたら、太陽からサーッと降り注ぐ光の自分という…

339

思いを消す方法としてどういう方法があるかですけど。 「ありがとうございます」って、この一言を唱えるのが一番効果が大きいですね。 普通「ありがとうございます」 を唱える人も、何か自分の願い事を叶えたいために唱える人もあるんですね。ちょっと損をす…

338

最高の新しいものを受け直す、これが「全託」です。だから、「ありがとうございます」というのは、 「全託行ね」。今迄に受けたもの全部お返しして、新たに最高のものを受け直している。その練習をしているのす。 ただ中身は一足飛びには最高まで行かないか…

337

答えを先にいうと感謝の心なんです。 お礼をするお礼を言う心・・お礼の言葉、感謝の言葉なんです。特に神様に対しての与えるものといったら、 それしかないんです。それでその感謝をお礼をしっかり言い続けると門がどんどん開かれていくんです。 そして一番…

336

「徳」という漢字の読みは、ギョウニンベンに、昔の字で直接の「直と心」と書いてあるんです。 だから、「直心を行ずる」(じきしんを行ずる)といいます。「直心」というのは、「神様の根元の働き」を言うんですが、 「直霊」ともいいます。神さまの御心を…

335

感謝の心で見る無常観は楽天的な無常観です。バックが神様です。 神様から無限に無限にすばらしいものが次から次へ生み出されてきているという、だから変化が幸せを大きくしてくれているという見方、なくなるんじゃないです。 いいものがどんどん出てくるだ…

334

人間が本当に幸せに生きる為にはいつも神様をバックにするのがいい、神様と共に生きるということです。 ここに老子の言葉が書かれているんですけど、大象・・象はおとなしいけど力がありますね、 トラやライオンが来ても平気で、トラやライオンの方が押しつ…

333

新たに新たに神様からのプレゼントという姿で全体を受けたらいいですね。新しい神様からのプレゼントという受け方を すると感動しますね。太陽でも初めて見た太陽は感動します。今まで一度も見てない、 今初めて見たというと凄く感動しますね。でもズーッと…

332

「ありがとうございます」と唱える事が 本当の神様を呼んでる事になります。だから神様が助けに来ます。呼べば助けてくれます。それはどんな唱え方でも良いです。 空念仏でも良いですし、腹立てたまま「ありがとうございます」唱えても良いです。その時に必…

331

最初は「ありがとうございます」と唱えるだけで良いのです。 段々と有り難くなってきて唱える数が多くなります。宇宙全部は神様の愛の塊みたいなものです。 皆自分を愛してくれる姿で神様が色んな姿で変身して出て来てくれます。 1つ1つ数えるだけで幸せが…

330

思いの心は小さく掴むのが癖になってます。 感謝は時間が1点に絞り込まれて空間が無限に広がってプラスいっぱいに必ずなります。 「ありがとうございます」と唱えるほどそれが自然に可能になって来ます。太陽を見て 「ありがとうございます」を唱えると効果…

329

感謝してる人は自然に恐怖心が消えます。プラスを受けるから心配する事が無くなり自然に良くなります。 感謝は神様の全てで、無限の無限のプラスそのものですから、感謝してる限りプラスだけになります。 恐怖心がある人は皆感謝忘れています。過去にも今に…

328

受け直す練習をする事です。「ありがとうございます」で心を神様に向けてるうちに段々と受け易くなって奥深いものを どんどん大きく受けて行けます。「ありがとうございます」と感謝する事は神様(光源)へ心向けてる状態です。 光源からは何時も光が降り注…

327

ありがとうございますは番組を変えていくんです。どんどん高い方へ心を向けて神様からのプラスの プレゼントをいっぱい受けようという生き方です。今低くてもありがとうございますを唱えることに よってどんどん番組があがっていくんです。そうしたら全部自…

326

「思いがあるから感謝できない」のじゃないよ、逆ね「感謝しないから思いがあるだけ」ね。 頑固に感謝しないのよ、はははは。ちょっと「ありがとうございます」を 言ってみたら自然に感謝が湧き出るでしょう、思いが消えていくもんね。 感謝しない人って、相…

325

感謝と奉仕の行はセットになっているんですよね。呼吸と同じで、吸う息・吐く息と同じですけど、 感謝のほうは受ける吸う息という感じですけど吐かないと新しいのが入ってこないですね。 だから神様の何かお役に立つお手伝いという気持で恩返しの奉仕という…

324

「ありがとうございます」だけにすると分かって来ます。神様が必ず自分の中に入って来て分からせてくれます。 「ありがとうございます」1言だけで良いのです。その1言に絞り込めば何時も神様中に自分を置けます。 普通他の言葉使い過ぎます。神様にすがる…

323

「ありがとうございます」で神さまの方から 受け取る練習をすれば良いです。感謝は一瞬一瞬神さまから新しいものを受け直す練習です。新しいもの受けたら 古いものを手放してます。手放してから受けるのではないです。先に新しいものを受けようと するのが良…

322

「ありがとうございます」で神様の方から受け取る練習をすれば良いです。感謝は一瞬一瞬神様から 新しいものを受け直す練習です。新しいもの受けたら古いものを手放してます。 手放してから受けるのではないです。先に新しいものを受け様とするのが良いです…

321

情は立心偏に青です。青は青空の青です。囚われない自由自在な心と見たら良いです。 本心の本当に輝いた心と見たら良いです。その心に戻って報いて行く訳です。恩返しです。 情報を提供するのは恩返しの心です。神様から受けた良いものをいっぱい貰ってそれ…

320

今ここに1輪の花が咲いてるとします。歴史が全部あります。 この花の親が無限に続いてます。子孫が無限に続いています。それが一瞬に全部分かります。そんな今です。だから部分に囚われないです。 全部見通せるから自由になります。小さいもん1つに囚われ…

319

感謝は与えられたものを素直にスット受ける事です。求める心は要りません。受けた恩返しに与えるのは良いです。感謝して受けて与え尽くすだけの 生き方が本当の幸せな生き方です。神様の方は何が必要か全て分かっててそれを的確に与えて来ます。感謝の心さえ…

318

私は全然自分の願いを出さないのです。 何欲しいはないですから、「ありがとうございます」だけで守って貰っていたのです。余計な願いを 出すと駄目だったかもしれません。すっと誘惑されたりしたかもしれません。 ただ「ありがとうございます」で喜んでたの…

317

1番良いのは神様が無限の無限のプレゼントを ずっと与え続けてくれてると感謝して行けば良いです。神様が与えてくれるものと比べたら自分が人に 与えるものなんて何も無いです。物凄く小さいです。そしたら文句もなんも言えません。宇宙全体を見て無限の 無…

316

謙虚な心で神様を仰ぎ見て全てをプラスに見る心が 1番幸せな心です。自分の立場をもっともっと自由にして謙虚な心で1番下に置くのが良いです。 何眺めてもプラスに見る練習です。感謝するほど、それが自由自在に出来ます。「ありがとうございます」を 先に…

315

一秒単位で受けなおす練習をするといいです。 そうすると過去を引きずらないから人の姿がみんなプラスに見えてくるんです。神さまの現れ・神さまの表れと 一秒単位で受けなおすと悪い姿が見えなくなる、消えてしまうんです。バカヤロウと言われても最初の一…

314

「ありがとうございます」という感謝行は、今を新たに新たに受け直す 生き方ね。過去も未来も相手にしない「今を生きる生き方」なのね。 時間を今の一点に絞り込むの。過去・現在・未来の「現在」という「今」だけをとらえたら、まだ中途半端よ。 無限の時間…

313

どんな楽しい仕事をするんでも過去を掴んで長い時間続けると疲れます。 だから今の一瞬だけを楽しむような感覚で過去を忘れる方が良いです。そうすると神様の助けが大きく降ります。 何でも喜んでするのは良い事です。そして自分がこれ必要・楽しいという事…

312

思いの心は自分の見ている番組だけではなく、他の人の見ている番組のマイナスの情報まで取り込んで、 さらに自分の心を傷つけ、苦しみを無限に大きくしてゆくのです。実に愚かです。思いの心(求める心)はどこまでもどこまでも、自分自身を 不幸のどん底へ…

311

地位や名誉に執着するのも思いの心です。本心の心は常に神様と一体であり、お金や物に執着する必要はまったくないのです。 絶対の世界では本来一つであった“物心”が、 対の世界で“物”と“心”が相対の対極となり、“物”が増えれば増える程“心” が貧しくなり、反…

310

今を生きるほど執われがなくなって空間が広がるの、感謝が深くなるね。いいものがいっぱい感じられるようになるね。 「ありがとうございます」という感謝行は、今を新たに新たに受け直す生き方ね。過去も未来も相手にしない「今を生きる生き方」なのね。時間…

309

「真の感謝」というのは、思いを叶えるためじゃないんです。思いの全てを捨てきって感謝に入るんですね。そうすると、神さまの全てを受けて、 真の感謝に入っていくんですよね。でも、どちらが楽かというのはね、思い通りに生きたら苦しいですよ。それは皆さ…