読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

354

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123722j:plain

「ありがとうございます」の感謝行は、
魂をもの凄いスピードで「浄・清」め尽してしまうね。

「浄・清」めるというのも、消してしまうのね。
思いを消していくから、魂的なものがどんどん向上して

輝いてくるでしょう。そのうちに消えてしまうぐらい、
魂が消えるぐらいに向上するのね。その後は、

本心の感謝の心が「神様が輝くだけ」という姿をとるのね。 
今までは、思いの心、魂が肉体を動かしていたのね。

ところが、思いが消えて魂が「浄・清」まって、
魂も消えたら、神様が肉体を直接動かすでしょう。

一番幸せななんよね、だから「感謝行」って凄いよね。 
神さまを現わす生き方、肉体に直接現わす生き方なのね

353

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123647j:plain

感謝も、本当は褒め称えて喜ばないといけないね。
褒めて喜ぶというのが、神さまと対面する一つの

感謝のやり方よね。だから、現実の姿にとらわれたら損ね、
現実の姿にとらわれるのは思いの心よね。 
感謝の心は違うよ、過去を掴まない、

過去を一切掴まないで今新たに天照大御神様を見るのね。
一瞬一瞬新たに最高の姿を見ていくの。
これが本当の感謝のあり方ね、古神道のあり方ね。

 この古神道の信仰に入ったら、
これを悟ろうとする自分じゃないよね。悟った自分を生きるのね。 

既に悟った自分を生きて、喜び一杯、幸せ一杯に生きるのね。
これが本当のものよ、本物の時代なんよね。

そういう時代に今入りつつあるのね。
だから本物を感じた人がどんどん出てきてるね。

神さまと出会える人がどんどん増えてきてるから、幸せよね。

352

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123623j:plain

気づきが大事ね。気づく心は感謝の心なのね。
「ありがとうございます」を唱えるのでも、

先ずお礼の気持ちで唱えるのがいいでしょう、
神さまへのお礼ってね。 「七つの確認の祈り」

があるんですけど、あの祈りの本当の目的は
確認なんですよね。どれだけ神さまに

守りに護られてるかという。この確認のために
「ありがとうございます」ってお礼を捧げるのね。

そうすると気づきが増えて幸せを感じて、
本当の感謝の心に戻るわけでしょう。 

常に、無限のマイナスを免除してもらってるというだけでも、
これに気づいたらマイナスは一切掴む必要もないもんね。

無限のプラスをいつも与えられていると気づくだけで、
もうこれ以上何も要らないよね。 

感謝の心も神さまが湧きあがらせてくれてるのよね

351

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123552j:plain

形の上ではマイナスが出る可能性もあるでしょうね、
そのほうがいい時ね。形のマイナスが感謝を深めるのに
役立つ時は出ますよね。全部人によって違いますね。 

普通ね「ありがとうございます」を唱える目的、
これは段階に応じていろいろよね。思い通りにしたいから、
思いを叶えて欲しいからって唱えはじめる人が多いでしょう。

これは浅い段階よね。 でも、その時でも「ありがとうございます」
を唱えたら、思い通りに生きようという思いを消そうとするの、
神さまはね。だから、思い通りにならんという時があるの。

思い通りにすると、また思いがエスカレートしてくるでしょう。
だから、思い通りにならないようにしてくる場合があるね。
その時はマイナスに思うのね。本当は「なんでも願いを叶えて欲しいのに

願い通りにならん」これはマイナスかというと、そうじゃないね、
思いを消してくれてるの。 普通、思い通りに生きようという思いが強いのね、
それを消してもらうと感謝がしやすくなるから。

そういう意味のマイナスになる時はあるのね。 
でも、思いが軽くなってきたらプラスがいっぱい出てくるね。
奇跡というふうに見せてもらうのがいっぱい出てくるけど。

350

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123455j:plain

「ありがとうございます」を心に唱えてたら、
思いが消されて神さまの心が自分の心に

なって現われてくるんで、神さまの心に
沿った生き方がとりやすくなるね。

何が正しいか間違ってるかを判断できるようになるね。
だから「ありがとうございます」

を唱え続けるのが一番大事ね。

349

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123431j:plain

最高の生き方は「みんな神さま」と拝むことね。
一人一人を「神さまの現われ、最高の神さまの現われ、
みんな無限に輝いている」と拝みあげることね。 

現実を掴んで見るんじゃなしに、最高の姿と
置き換えるような気持ちがいいよね。 
「みんな無限に無限に輝いている」というふうに、

新たに新たに受け直すのが最高の生き方ね、拝む生き方ね。
そうすると、周りがスーッと良くなっていい姿を見せてくださるね。
「拝む修行の場なんだ」と見ると、感謝がグーンと深くなるよね。 

だから「現実のマイナスを変えよう」なんて思わなくてもいいよね。
「拝みあげる修行」というふうに見ると、感謝がグングン深まるのね。
 マイナスの姿を見せてもらった時に、そこへ心が向くでしょう。

その時は「感謝の練習、修行の時だよ」ということを気づかせてくれるのよ。
順調に行った時は、みんなそれで喜んで当たり前だから、
感謝を深くしようとしないのね。でも、マイナスが現われた時ほど

「感謝をしなければ」となってくるでしょう。
すると拝む練習になるのね。拝む修行が一番幸せになるね。 
「みんな神さま!」と拝むのね「みんな無限に輝いている

348

お話358

f:id:arigatouojisan:20170126123324j:plain

何故、感謝を忘れたんでしょうね。不思議と言ったら、
これほど不思議はないですね。 
元々、神さまから分かれて出てきた自分は

、感謝の心の自分ですよね。感謝の心の自分が感謝を
忘れるというのはおかしいですよね、本当はね。
本当は忘れてないんでしょうけど、

表面をちょっと思いの心が覆ってるんですね。
そうすると表面だけを眺めたら
「ああ、感謝ができてないんじゃないか」
っていうふうに見えるんですね。 

この人間の体も汚れたら「ああ、汚い」と思うのね。
でも、汚れを取ったらきれいですよね。だから、
中身は汚れないんですね、表面に汚れがちょっとつくだけね。

 心も同じですね。感謝の心が本当の自分で、
表面に思いがちょっと覆ってるのね。表面だけを眺めたら
「あっ、私は感謝ができていない」と思うんですね。

でも、そうじゃないですね、感謝の心は厳然とあるんです。
表面の思いをちょっと放せたらいいんですね、
そしたらスッと消えていく。 でも、思いの心って、

どうしても小さい部分を掴んでしまうわね。
「思い通りに」というだけで、一つしか掴まない、
普通ね。この、掴むのが曲者ですよね。「思い通りに生きよう」

というのを、やっぱり捨てないといけないですね。
感謝の心で掴める幸せは無限ですけど、
思いの心で掴める幸せは一つですよね。