読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ありがとうおじさんのお話【全358話】

小林正観さんの本や講演などでも登場するありがとうおじさんのお話の中から厳選した358話紹介しております。

347

f:id:arigatouojisan:20170126123257j:plain

感謝を忘れると逆になるんですよね。逆の生き方をしてしまうね。
だから、感謝を忘れて生きた期間の
長い人ほど七難八苦でいっぱいでしょう。

 でも、七難八苦は神様が感謝を思い出させるために
与えてくるのね。空気をいっぱい吸って呼吸を止めたら、
酸欠で苦しくなるでしょう。みんな一所懸命頑張ってるのね

「吐くまい、吐くまい」と思ってね。益々苦しくなるね。
どうしても苦しくなったら吐き出すでしょう。だから、
吐き出すときにやっと救われるんですよね。全部放すときにね。

 だから、求める心をしっかり生きているとき、
思い通りにしようと思うときは駄目なんですね。
まだ限界まできてないね、七難八苦がどんどん大きくなるんですけどね。

でも、七難八苦がいっぱいになったときにはじめて、
苦しくなって全部放せるね「もう、
どうでもいい」という感じになるはずなんです。

 一回、死んだ気持ちになったら全部放せますよね、
何でもね。もう全てがそうですね、全部放せたときから、
また新しいものが神さまのほうからスッと入ってくるね。

 幸せになる道って難しくないんです、本当はね。
不幸になる道が難しいんですよ。呼吸を止めるから。
自然な姿を止めてしまってる、自然な流れを止めてしまってるのね。

「ありがとうございます」さえあったら鬼に金棒じゃないですかね、
もう。もう絶対不幸になりようがないという生き方なのね。
 いろんなプラスの言葉、マイナスの言葉全部に

「ありがとうございます」を加えたら生きてくる。
言葉に命が吹き込まれるんですね。だから、
できるだけ活用してくださいね「ありがとうございます」

という言葉をね。今の時代だから大きい力をもらえるのね。

346

f:id:arigatouojisan:20170126123226j:plain

丁度、呼吸と同じで、普通、空気は無限にあるように思うでしょう。
でも感謝しないですね、忘れてるんですね、
呼吸をしながら忘れてるでしょう。

 でも、神さまって宇宙いっぱいなんですね、
感謝を忘れたら感じないですよ、神さまをね。
でも、感謝し始めたら神さまを思い出すし感じ始めるのね。

神さまを感じたときから幸せが甦るんですよね。

 それも呼吸と同じなんで、吸ったら吐かないといけないですね。
吸って吐く「吐く」というのは「恩返しの心を起こす」

ということよね。「吸う」というのは、
求める心を起こしやすいですよね。求めるばっかしだと
吸うばっかしでしょう、一杯になったら入らないの、

吸おうと思っても入らないですよね、
苦しいばっかしになるね。
 だから、思いの心の求める心は、

本当はそれを邪魔するんですね、吸うばっかしになるから、
吸を止めてしまうのね。感謝して受けても、
求める心だとあと吸えなくなるね。そこで必要なのが

「恩返しの心」ね。吸ったものを吐き出すことよね。

 吸ったときは酸素がいっぱいで新鮮な空気ですけど、
吐き出すときは酸素がなくなって炭酸ガスで汚れてるんですけど。
 でもね、恩返しの心で受けたものを周りに

与えるというのがいいんですね。そうすると、
また神さまのほうから新しいものをスッと受けられるでしょう。
呼吸のように「ありがとうございます」

と受けて、恩返しの心を起こして
「ありがとうございます」と与えるのね。
それさえできたらいつも神さまを感じ取って、

みんなが極楽世界に住める状態になっていくんですよね。

345

f:id:arigatouojisan:20170126123158j:plain

皆さんは思い通りに生きるのには飽きてきたのね、
もう疲れ果てた。本当に思い通りに生きても、
本当に幸せじゃないんですよね。自分の思い通りに

生きるということは、人を自分の奴隷にすることなんですね。
人の自由を縛ってしまう、奪ってしまうことですよね。
その分、必ずはね返って自分を縛り、自分を不幸にしてしまうでしょう。

 だから、思い通りに生きて「幸せ」
っていうのは無いんですね。ちょっとその時は思い通りに
なって「よかったな」という自己満足ね。でも、

それは幸せでもなんでもないですね。
本当の幸せから見ると、本当はマイナスなんです、
それ全部ね。みんな借金を積み重ねただけなのね

「借りをつくっただけ」という。

 世の中でも、権力を握ってみんなを奴隷のように
扱った人ってあるでしょう。権力者ってみんな地獄に
落ちるのは何故かというと、大勢の人の自由を

縛ったからよね。自分一人のために、
自分の思い通りにしたいということのために、
大勢の人を奴隷のように扱って、人の自由を奪ってしまったのね。

その結果、自分もみんなから自由を奪われるんですよ、
そしたら必ず地獄へ行くのは当たり前なのよ。
みんなの自由を奪った結果は、自分も奪われるの、
自由をね。

 だから、思い通りになったらいけないですよ、
本当は。思い通りならないほうがいいんですね。
だから、「思い通りに生きよう」というのを

止めて「感謝に生きよう」とする人は、
もうこれで安心なのね。守護霊さんも一安心ですね。
「ありがとうございます」の練習をはじめた途端に、

不思議なことが連続して起きる人がありますよね。
守護霊さんがご褒美をくださるのね
「おお、ようここまできたな」という感じですね。

 自分の努力で何もしてないのに不思議なことが起こるんですね。
起こらない人もあるんですよ、偶には。そういう人は、
まだ守護霊さんがちょっと厳しく見守ってくれてるね

「あっ、こいつは素質がある」とみて
「甘やかさなくても大丈夫」と思ってるのね。

344

f:id:arigatouojisan:20170126123133j:plain

これからはボランティアに生きる人が
増えるんじゃないですかね。

「阿保(阿を保つで阿保)の生き方」というのね。
みんな阿保の生き方を馬鹿にするけど逆ですよね。

本当のことがわかる人は「与え尽せば幸せ」
というのが、よくわかってるでしょう。

「本当の幸せはこれしかない」とわかってるのね。
だから阿保の生き方にみえても、

喜んでできるのね。それが解らない人は
馬鹿な生き方よね「阿保」じゃなくて

「馬鹿の生き方」「阿保」と「馬鹿」はちょっと違うんですね。
 「あ」というのは「光・光源」ですよね

「神さま」ですよね。それをしっかり
保って持ってるというのが「阿保」ですよね。
「馬鹿」のほうは、馬か鹿の生き方で

動物的な生き方だから、ちょっと違いますよね。
もっともっと阿保の生き方が必要ですよね。

「損得を考えない、本当にみんなを幸せに
するための働きをさせてもらいたい」というのがね。

そしたら無駄な働きが必要なくなるんですよね。

343

f:id:arigatouojisan:20170126123059j:plain

「与える心と求める心」は交流しないんです
「与える心と与える心」は交流し合うでしょう、

そしてスピード化してプラスをいっぱいにしていくんですね。
「求める心と与える心」とは、循環が止まるんですね。

そして「求める心と求める心」はね、
今度は逆にマイナスの循環が大きく速くなるんですよ。
「求め合い、奪い合い」になるでしょう。

むしり取り合いですよね。普通、ちょっと求める心を
起こすだけで、みんな心を痛めるんですよ、
苦しくなってくるんですね。「ああ、

こうしてくれたら良いのに、こうして欲しい」
と思っただけでそうなんですよ。結局、自分が逆流を起して、
逆流の波の中にはまり込むんですね。

そして幸せがドンドンなくなっていくんです。

 だから、与え尽すだけが良いですね、
なんぼ与えても与えても、ちょっとでも求める心を
起こしたら駄目なんです。「喜んで欲しい」

というだけでもあかんのですよ。「こんだけ幸せを与えたのに、
ちょっとは喜んで欲しい」「感謝して欲しい」とかね、

それはやっぱりマイナスになるんですね。本当に、
神さまの与え方を見てるとそうでしょう、絶対縛ってこないですね。
「与え尽すだけ!」。本当は与えたものを

受けて欲しいんでしょうけどね、
「受けなさい」と言わないね、縛ってこないね。
「どうぞ、ご自由に」と言うわけよね。だから楽なんですよね。

だから、どれだけ良いものを与えても、
強制されたら嬉くないですね。ご馳走を山ほど積まれて
「早く食べなさい!」と言われたら、もういっぺんに満腹になって、

食べる気が起こらなくなるね。やっぱり自由に
させてもらうほうが良いですもんね。

 だから、身近な生活のいろんな中で、
本当に「与え尽すだけ」という練習が、

本当の繁栄を掴む方法ですよね。直ぐに結果が出てくると思います。
「ああ、幸せだな、本当に幸せになれたな」
という感覚がスッと湧いてくるんですね。

だから、恐いもの知らずなんですよ、本当にね。
「何も無いのが幸せ!」という感覚がね、
「無条件の幸せ」というのがそこに生まれてくるね

342

f:id:arigatouojisan:20170126123020j:plain

この感謝の「ありがとうございます」の生き方は、
神さまの全てを受け直して天から舞い降りる生き方ね。

同じ菩薩行でも、上から降りてきて働く菩薩行ね、
この方が大きい働きなのね、大菩薩の働きよね。

だから、この「ありがとうございます」一言に
絞り込んで、本当に感謝ができるようになるというのは、

大菩薩の資格のある人なの。神さまの全てを受け直して、
本当に皆を幸せにする大きい菩薩行をさせてもらえる人なのね。

下から修行をして立派になるのと違うのね、
今度はね逆ね。悟った自分が舞い降りてくるのね。

そしてみんなを幸せにする働きをするのが、
この「ありがとうございます」の感謝行の菩薩行なの。

凄いでしょう

341

f:id:arigatouojisan:20170126122945j:plain

これからはネットワーク的に人と人との、
本当の波の合う人同士の助け合いが、これからもっともっと
大事になるでしょうね。いい人同士のネットワークでつながったら、

その中にいる人はみんな幸せですよね。
お互いに必要なものを供給し合い、与え合えるので、
絶対困らないと思いますね。だから、本当に心の波の合う人同士の

助け合いのネットワークというのが、
これからいろんな意味で行われるのじゃないですかね。

 感謝に生きる人は、感謝に生きる人同士のネットワークで、
本当のプラスの与え合いが起こるのね。みんなと付き合わないでいいんですよ、
本当は。大変でしょう。地球の全ての人と付き合うなんて不可能ですよね。

この一生で付き合える人って限られますよね。
どのぐらいの人と付き合ったらいいでしょうね。
百人でも大変じゃないですか、本当はね。

本当に親しく付き合うって、百人の人とも大変でしょうね。
一万人なんてもう気が遠くなるほど大変でしょうね。
中にはそれができる人もあるんですけどね。

でも、大変だと思いますよね。だから、
もっともっと数が少なくてもいいんですよね。
直接助け合える人なんてごくわずかでも、

またその人が関節的にでも他の人とつながって助けてくれますよね。
だから、本当に心の波の合う人同士がしっかりと

助け合えば、幸せというのは絶対崩れないですね。